三文判の秘密とは?実印などの印鑑とは何が違うのか?

印鑑36

私たちが普段使用する印鑑には様々な種類があり、用途に応じて使い分ける必要があります。日常生活において使用する頻度が多いものの一つが三文判なのですが、その意味や他の印鑑との違いについて正確に説明できるという方は意外と少ないのではないでしょうか。

以下では、三文判について知っておきたいポイントを説明していきますので、この機会にぜひ理解を深めておくと良いでしょう。

水晶・天然石を使用した宝石印鑑って?メリットやデメリットをご紹介

そもそも三文判とは?

まずはじめに、三文判というのはあくまでも一般用語であり、法律等で厳格に定義が設けられている言葉ではないという点を頭に入れておくようにしましょう。文房具店や百円ショップの店頭などで安価で購入できる印鑑を総称して三文判と呼んでいるに過ぎないのです。

三文判の「文」というのは、江戸時代以前に使用されていた貨幣の単位で、「二束三文」という言葉があることからも分かるように、今では非常に安い物の例えとして使用されています。現在の貨幣単位に換算すると一文は30円から35円に相当すると言われているので、三文だと100円前後のイメージとなります。

三文判というのは、文字通り、三文で購入できる程度のリーズナブルな印鑑という意味なのです。

三文判と他の印鑑の違いとは?

では、このように安価で購入できる三文判は、他の印鑑と何か違いがあるのでしょうか。価格は異なるものの、朱肉を使って判を押すという用途だけみると、三文判と他の印鑑との間に差異はありません。一方、一般的な印鑑は一つずつ手作りしたオリジナルのものであるのに対し、三文判はコストを抑えるために大量生産によって作られたものであるため、印影が唯一無二であるかどうかについては両者の間で大きな違いがあります。

基本的に、三文判はもっとも安価でグレードが低い印鑑であると考えておいて間違いはありませんが、他にも同様の印影のものが存在するだけに、安全性の面ではやや不安があるという点を頭に入れておくと良いでしょう。

三文判は実印として使用できるのか?

実印というのは本人の正式な印鑑として法務局に登録しているものです。基本的に三文判であっても実印として登録することは可能なので、三文判を実印として使いたければ、登録しておくと良いでしょう。一人につき実印として登録できる印鑑は一つだけですので、もし既に他の印鑑を登録しているという場合は変更が必要になります。

なお、前述の通り、三文判は安全性にやや難がありますので、自治体によっては実印登録を認めていないところや、登録を推奨していないところがあります。また、低コストで製造されているものだけに、使用しているうちに縁が欠けてしまったりして使用できなくなるケースもあり得ます。

三文判を実印登録するのはそれなりにリスクを伴う行為になりますので、もっと良い印鑑があるという場合は、なるべく三文判を実印として使用するのは避けておいた方が良いでしょう。

三文判は銀行印として使えるのか?

デジタル化の流れを受けて不要とされるケースも増えてきていますが、銀行に口座を開設する場合には、原則として自らの印鑑を銀行印として登録しなければなりません。では、三文判はこの銀行印として使用できるのでしょうか。

これについては、銀行の方で特段の要件を定めていない限りは、問題なく登録できるというのが回答になります。もっとも、大量生産されている三文判は簡単に同じものが手に入るので、他人がそれを購入してなりすますことができるという点を頭に入れておかなければなりません。

他人になりすまされて大事なお金を引き出されてしまうというリスクを回避するためには、唯一無二の印鑑を銀行印として使用したほうが良いでしょう。

三文判は認印として使えるのか?

印鑑43

法務局や銀行などに登録されていない印鑑を指して、一般に認印(みとめいん)と呼ぶことがあります。この認印は、書留郵便や宅配便の受領時や実印が必須とされていない契約書などに押印するために使用するものです。認印については、特に要件が設けられているわけではないため、本人が認めたものであれば、三文判であっても問題なく使えます。

もっとも、すでに述べたように、三文判は耐久性があまり高くないので、契約書などの重要書類用の認印として使用するには適していません。コストを抑えるために、ラクトやアクリルといった加工しやすい柔らかい合成材が使われているため、簡単に欠けたり、折れたりしてしまうからです。

一目で安物と分かるような印鑑を使用していると、相手からの印象も良くありませんので、できれば認印として三文判を使用するのもやめておいた方が良いでしょう。

三文判はシャチハタと違うのか?

印鑑40

シャチハタというのは、あらかじめ内部にインクを搭載することによって朱肉を使わずに押印できる仕組みになっている印鑑です。このシャチハタも、広い意味では三文判に含まれると考えられますが、契約書などでは「シャチハタ不可」と記載されている場合があります。

これは朱肉を使って押印しなければならないという意味ですので、そういった指示がある場合には、シャチハタではなく朱肉を使用して押印する三文判を使うようにすると良いでしょう。シャチハタと三文判の用途は必ずしも同じではないという点に注意しておく必要があります。


三文判は自作できるのか?

ネット通販などでたまにハンコ制作キットのような商品が販売されているケースがありますが、そういったものを使って作成した印鑑を三文判として使用することはできるのでしょうか。その答えはYesです。これまでに見てきたように、三文判には明確な定義は存在しないため、印影を見て誰が押したのかが分かるものであれば十分です。

そのため、自作した印鑑であっても、それなりに高い耐久性があって、自分の名前が分かるものであれば三文判として使用して何ら問題はありません。

もっとも、ハンコ制作キットはそれなりに値が張りますので、単にコストを抑えたいというだけであれば、百円ショップなどで市販の印鑑を購入したほうが良いでしょう。

あくまでも自分で作ってみたいという強い希望がある方向けの商品なのです。

印鑑と印影について詳しく知りたい方のために

三文判を使いこなそう

以上で見てきたように、三文判も印鑑の一つですので、実印や銀行印として使用することは何ら妨げられるものではありません。

もっとも、三文判は壊れやすいうえに、なりすましが容易であるため、大事な印鑑として使用するのには相応のリスクが伴います。そのため、なるべくであれば実印や銀行印に三文判を使用するのは避けた方がよいでしょう。