水晶・天然石を使用した宝石印鑑って?メリットやデメリットをご紹介

印鑑1

日常生活で何かと使うことの多い印鑑。印鑑といえば、木材や動物素材のものを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、印鑑にはその他にも多数の印材があります。今回は水晶や天然石を使用して作成された、宝石印鑑をご紹介します。

メリット・デメリットや種類、値段相場などを詳しく解説していきます。これから印鑑を購入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

宝石印鑑とは

宝石印鑑は、水晶や天然石を材質として作られた印鑑です。鉱物特有の美しい見た目から、女性に人気があります。また水晶や天然石には、風水的に運気を上昇させる効果があるとされています。そのため「運気を上昇させたい」という、パワーストーンとしての効果を得たい場合におすすめといえるでしょう。

結婚・就職など人生の節目や、大切な人への贈り物などの目的で購入を考える人も多い印鑑です。#「天然石」と「人口石」の2種類ある宝石印鑑に使用される印材には「天然石」と「人工石」の2種類があります。「天然石」とは人の手を加えず、自然に生成されたストーンのことをいいます。

希少性が高いため値段が高く、取り扱っている店舗も少なめです。対して、「人工石」は人工的に生成されたストーン。人工というとパワーストーンとしての効果は薄いように感じますが、天然石と同じ成分・構造を用いているため開運効果も同じパワーを持っています。

印鑑におすすめのパワーストーン

宝石印鑑メリット

印鑑4

次に宝石印鑑のメリットについて説明していきます。宝石印鑑には見た目の美しさや、開運効果の他にも素材ならではのメリットがあります。#印鑑に適した素材見た目や風水効果だけが注目されやすい宝石印鑑ですが、素材的にも印鑑に適しています。

宝石印鑑に使用されている水晶や天然石は、粒子が細かいため鮮明に捺印することができます。

また硬度が高いため、摩耗しにくいというメリットもあります。#一点物である宝石印鑑は自分だけの一点物を作れるというメリットもあります。水晶や天然石は、1つ1つの柄の出かたや色ムラに違いがあります。そのため、他の人と被らない一点物の印鑑を作ることができます。

印鑑は基本的に長年使用するものなので、「せっかく作るなら、オリジナリティーのある印鑑が欲しい」という場合におすすめといえるでしょう。


宝石印鑑のデメリット

続いて宝石印鑑のデメリットについてお伝えしていきます。

宝石印鑑に使用される水晶や天然石は、見た目はきれいですが、大事に使っていくには取り扱いに注意が必要です。

以下で詳しく解説します。

#衝撃に弱い水晶や天然石は、落下などの衝撃に弱いというデメリットがあります。誤って落としてしまった場合、破損してしまう可能性があるため気をつけましょう。保管する際には、なるべく高い場所には置かないようにするのがおすすめです。

#素材によっては日光や水に弱いものもある水晶や天然石の中には、気温の変化や水に弱いものもあります。破損や変色の原因になってしまうため、使用しないときはケースに入れておくのが安全です。できるだけ日が当たらない場所や、気温の変化が少ない場所で保管するようにしましょう。

宝石印鑑の種類

宝石印鑑に使用されている印材の種類は、多数あります。ここでは人気の印材を、数種類ご紹介していきます。それぞれの特徴や、パワーストーンとしての効能などをお伝えしていくので、印材選びの参考にしてみてください。

#白水晶(クリスタル)石英の中でも、無色透明のものが白水晶。全体的に運勢を高めてくれる効果をもつため、万能なパワーストーンです。また、他の水晶に比べて日光や水に強いというメリットもあります。#黄水晶(シトリン)

黄色の水晶で、パワーストーンとしての効能は生命力や金運に効果があります。

そのため、銀行印を作るときにもおすすめな印材です。また、他の水晶に比べて値段が安いことも魅力の1つです。#紅水晶(ローズクォーツ)薄いピンク色をした水晶で、恋愛運を向上させる開運効果があります。そのため、女性に人気の高い水晶です。

天然のものは希少性が高く、取り扱い店舗が少ない傾向にあります。#紫水晶(アメジスト)紫色の水晶で、家族運や恋愛運などに効果があります。他の水晶に比べて、色ムラが多いという特徴があります。そのため、ムラが少なく色が濃いものほど高額になります。

#タイガーアイタイガーアイは縞模様が特徴的な天然石で、男女共に人気の高い印材。金運・仕事運を上昇させる効果を持ち、ビジネス関連に強いパワーストーンです。そのため、実印や銀行印などの印材としてもおすすめです。

#ラピスラズリ

ラピスラズリは深く濃いブルーと、散りばめられた金色の模様が夜空のように美しい天然石です。世界で最古のパワーストーンとされており、幸運を呼び邪気を払う効果があります。#翡翠翡翠は白と緑が混じったような、薄緑の天然石。

平和・長寿などを呼び込む効果があり、人生の成功を守護する石と呼ばれています。耐久性が高く、壊れにくさを重視したい場合にもおすすめの印材です。#白メノウ白メノウは乳白色の天然石です。パワーストーン効果は家族愛・夫婦愛で、家族との絆を深めたい方におすすめです。

柔らかく優しい色味は、女性に人気の印材です。

三文判の秘密とは?実印などの印鑑とは何が違うのか?

宝石印鑑の値段相場

宝石印鑑の値段はお店や印材の種類によって様々で、天然水晶か人工水晶かどうかでも変わってきます。

宝石印鑑のなかでも特に人気の高い白水晶・黄水晶・紅水晶であれば、10,000円〜15,000円程度が相場価格です。

宝石印鑑の中では安い価格帯なので、できるだけ安いものが欲しい場合におすすめです。

紫水晶・タイガーアイ・ラピスラズリ・翡翠などは30,000円程度と、気軽に手を出しずらい価格帯。

しかし、お店によっては平均価格より安く買えるところもあるので、「料金をあまりかけたくない」という場合に検討してみるのもいいでしょう。購入する際には、いくつかお店をよく下調べしてから決めるのがおすすめです。

宝石印鑑は一生物の印鑑としておすすめ

宝石印鑑は見ための美しさや、パワーストーン効果から一生物の印鑑としてもおすすめです。取り扱いには注意が必要ですが、印鑑としての使用感も悪くはありません。印材の種類はとても多く、ここで紹介した以外にも様々な素材があります。

印鑑は中々買う機会がないものなので、じっくり検討してお気に入りのものを探してみてください。